ビオダンサ 神田の森・体験クラス(@千代田区)

~ 最終日も満席となりました。ありがとうございました。~

今期は、利用停止になってしまった会場の代替が見つからず、4月の2回は中止となりましたが、5月からは心機一転、別会場で、定員を減らしつつ4回無事に開催することができました。おかげさまで、2回目以降、毎回満席をいただきました。継続して通ってくださったみなさま、新しくご縁をいただいたみなさまに、心より御礼申し上げます。

5月~6月 隔週木曜日・夜

ビオダンサを体験してみたい、という方のためのワークショップです。

すでにビオダンサに参加したことのある方も歓迎です。

毎回クラスの内容は変わりますので、連続でも受講いただけます。

 

<日程:いずれも木曜日 ~ 一部祝日があります>

 

15日(木)  中止

4月29日(木・祝)中止

※会場である東京都のまん延防止等重点措置適用で、千代田区施設の夜間使用が不可となったため、4月のクラスは中止とさせていただきます。

5月13日(木) 終了しました

5月27日(木) 終了しました

6月10日(木)    終了しました

6月24日(木) 終了しました

時間帯:19:15~20:45

会場:千代田区内会場です。お申込みされた際に詳細をお知らせいたします。

定員:8~9名(ファシリテーター以外で10名を目安としており、当日のスタッフの人数により、参加者様の定員は8~9名となります) 

参加費:3,000円(当日、現金にて集めます)

服装など:身体を動かしやすい服装をご持参ください。シューズは必要ありません。

ファシリテーター内田佳子(国際ビオダンサ連盟公認ファシリテーター) 

プロフィール:ブラジル音楽に惹かれ、サンバチームでの活動を経て、ブラジルの住民運動を支援するNGOに参加。ブラジルでビオダンサに出会い、2000年に初めてビオダンサを日本に紹介。

ファシリテーター資格、養成資格、子ども・思春期向けファシリテート資格を取得。

定期クラスやワークショップを開催しつつ、自らも様々なワークや勉強会に参加し、心と身体のつながりを探究し続けている。日本ソマティック心理学協会会員。同ソマティック・プラクティショナー・ネットワーク世話人。

 

感染症予防上の措置:

会場内の換気と消毒、手指消毒のアルコール設置、ファシリテーターはマスクもしくはシールドの使用のもとで行ないます。

みなさまもそれぞれの方法で感染防止にご協力ください。なお、体調がすぐれない場合は参加をご遠慮下さい。

 

〇お申込み:Google フォームから ↓ 

 https://forms.gle/Ytb8Qf1EadmZsQkp9

 

ご案内を記載した返信を受けとっていただいて受付完了となります。

※お問合せについては、フォーム内の最後の自由記述欄からお願いします。

 

Google フォームからではうまくいかない場合

biodanza2017@gmail.com 宛に、下記1~5までを記載の上、メールをお送りください。

こちらも、ご案内を記載した返信を受けとっていただいて受付完了となります。

※お問合せも同アドレス宛にお願いします。

1.お名前

2.メールアドレス

3.電話番号(緊急連絡先として当日つながる番号)、

4.ビオダンサの経験

5.当体験クラスを知ったきっかけ

 

PARC自由学校~ビオダンサ講座 2021年募集開始

定員となりました。

ありがとうございました☆彡

アジア太平洋資料センター(PARC)自由学校のご紹介(PARCホームページより引用):

PARC自由学校は、世界と社会を知り、新たな価値観や活動を生み出すオルタナティブな学びの場です。1982年に開講して以降、アジア、アフリカ、中南米など世界の人びとの暮らしや社会運動を知るクラス、世界経済の実態や開発を考えるクラス、環境や暮らしのあり方を考えるクラスなど、毎年約30講座を開講しています。

私たちが生きている世界のこと、そしてその世界とつながっている日本社会のことを知りたい。より豊かな暮らし方や生き方のヒントが欲しい。自分らしさを表現するための技術を身につけたい。そんな人たちが出会い、学びあうのが自由学校です。

新しい視点や新しい知識に出会うと、発想が変わります。すると、これまで思っていたのとは違う世界や社会が見えてくるかもしれません。そして、今のようではない社会はどんな社会なのか、どうしたら実現できるのかを考えたくなったり、もしかしたら動き出したくなるかもしれません。自由学校はそのきっかけとなる場でありたいと考えています。

 

PARC自由学校・ビオダンサ講座 2021年 ~ いのちといのちが出会うとき

開催期間:2021年7月8日~2021年12月23日 

曜日・時間帯:隔週木曜日 19:00~21:30 (回によって終了時間は多少前後します)

日程とテーマ(詳細はこちらから → https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=165)

 

第1回   7月 8日(木) プロローグ~あたらしいはじまり

第2回   7月22日(木) リズムとたわむれる

第3回   8月 5日(木) 自己調整の力を育む

第4回   8月21日(土) 日帰りリトリート

第5回   9月 2日(木) 心地よさとともに

第6回   9月16日(木) 出会いと創造 

第7回   9月30日(木) 自然のエレメントを踊る

第8回  10月14日(木) Untitled①(ファシリテーターがこの回に向けたテーマを直前に選定してクラスを行ないます)

第9回  10月28日(木) 「型」からあふれだす力にふれる 

第10回 11月11日(木) 慈しみと再生

第11回 11月25日(木) 個とコミュニティ

第12回 12月 9日(木) Untitled ②(ファシリテーターがこの回に向けたテーマを直前に選定してクラスを行ないます)

第13回 12月23日(木) フィナーレ

 

●全13回/定員10名(会場の変更により定員を減らしました)。 
●会場:千代田区内(予定)(回によって変更がありますので、参加者にご連絡しています。) 

●受講料53,000円
※出かける回は現地への交通費・食費・実費などが別途かかります
※初めて自由学校通年講座を受講される方は別途入学金10,000円が必要となります

<若者応援!U25割>
25歳以下の方は入学金免除で受講いただけます。ご希望の方は、「入学金なし(すでに自由学校を受講したことがある)」を選択いただき、備考欄にU25割適用希望とご記載の上お申し込みください。


※感染症の状況により、講座日程の延期や中止、あるいはプログラムの一部変更の可能性がございます。講座中止の場合には、中止回数分に応じて受講料を返金いたします。
開講日2週間前になりましたら、開催可否について判断し、お申し込みいただいた皆さまにお知らせいたします。 
※講座開催にあたっては、参加者の定員を設け、参加者間の間隔確保や換気、消毒、飛沫拡散防止などの基本的な感染症対策を徹底して運営いたします。ご参加の皆様には、マスクの着用や消毒のご協力をお願いし、また発熱がある方、体調不良の方はご参加をご遠慮いただけますようお願いいたします。

その他詳細・お申込みはこちらから↓

https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=165

お問い合せ👇

TEL: 03-5209-3455(月曜日~金曜日 10:00~19:00)

Mail: office@parc-jp.org

 

女性で集うビオダンサ Reborn☆世田谷   夏の集い 

 (満席となりました。キャンセル待ちとなっております。)

 

 

 

~ ゆらぐ・ながす・ひびきあう ~

 

夏のRebornについて思いを馳せる午後のひととき、
窓の外には笹がそよいでいました。
青々としげり、いのちのしなやかさを伝えてくれるその姿に、
わたしたちもまた、根を張り、風を受け流し、行きつ戻りつしながら、
やわらかい軸を育てていくイメージがわいてきました。
笹や竹は、中は空洞という不思議な生態や、さざめく葉の清らかな音から、
神秘を象徴する植物として、古くから儀式や祭事に用いられてきたといいます。
夏の午後、音楽の風をうけて踊りだす身体が奏でるトーンに、
しばし寄り添いあうひとときになればと思っています。 

 

 

 

《現在満席となっております。キャンセル待ちを希望される方は、下段のメールアドレスにご連絡下さい。

お席が空きましたら順次ご案内いたします》

日時  2021年 7月4日(日)  13:15開場   13:30分 スタート  16:00頃 終了予定
(終了時刻は多少前後すると思います、ご了承ください)
会費 3,000円
会場 世田谷区内の施設 (小田急線 祖師ヶ谷大蔵駅近く) ※お申込みいただいた方に別途ご連絡いたします。
定員 8名(会場面積は94平米です)
スペースの都合上、8名を超えた場合、キャンセル待ちで受付し、空きが出たら順次ご案内します。
ファシリテーター 内田佳子(うちだよしこ)
☆彡感染予防について
会場内の換気、手指消毒のアルコール設置、ファシリテーターのマスクまたはシールド使用のもと、基本的な感染防止の措置は講じますが、みなさまにもそれぞれの方法でご協力をいただき、当日の体調をふまえて、ご自身の判断にてご参加下さい。なお、キャンセルの場合はキャンセル料はかかりません。
☆裸足で踊るのでダンスシューズなどは必要ありません。
☆踊りやすい服装できていただくかお着替えを持参していただくことをおすすめします。
☆踊ると喉が渇きますので水分補給できるもの
☆温度調節のために薄手の上着やショールなどがあるとよろしいかと思います。
✩お申し込みお問い合わせは
rebornbiodanza@gmail.com  まで
スタッフ一同お待ちしています。
 

Reborn 世田谷☆女性で集うビオダンサについて

季節に一度、女性で集って踊るクラスです。

世田谷にある助産院で産前産後のお母さん向けに行っていたビオダンサクラスがそのはじまり。
やがて参加者の有志が、広く女性に向けて、新たなダンスの場を立ち上げました。それがReborn世田谷です。
年齢、家庭環境、生活スタイル、嗜好にかかわらず、広く女性が集い、 同じ女性であること、と同時に、それぞれの咲き方があることを、分かち合える場になればと思っています。 

女性だけで踊るってどんな感じかな?と思っている方ぜひ一度体験しに来てください。

☆.。.:*・☆.。.:*・☆.。.:*・☆.。.:*・☆.。.:*・☆.。.:*・

ビオダンサ代々木の森 2020 終了しました~ありがとうございました

会場の都合により、参宮橋で展開しておりましたオープン・クラスは、その後は千代田区神田近辺で開催しております。PARC自由学校のビオダンサ講座の流れをくんで、単回でご参加いただける場となっておりますので、上記の「ビオダンサ体験会@千代田区」をご参照下さい。なお、代々木の森クラスにい際して作成した下記パンフレットには、体験談も掲載されていますので、ぜひご覧ください。


 

 

 

 

☆代々木の森・週末の経験者クラス → 次回は未定ですが、また開催決定次第ご案内いたします。

ビオダンサのクラスに、過去10回以上参加した方たちを対象とした、週末のクラスです。

連続受講をお勧めしますが、単発でも参加できます。

各回、時間帯や会場が異なりますので、お気をつけください。


 

 

<内田佳子 Yoshiko Uchida ~プロフィール> 

国際基督教大学教養学部卒。 

☆メーカー、銀行勤務と並行して、サンバやサルサのチームで活動する一方、ラテンアメリカ諸国の人々をサポートするNGOにボランティア参加。ブラジルに渡航してビオダンサと出会い、2000年に日本に初めて紹介する。

☆サンパウロ・カトリック大学で、社会福祉、心理学、ボティー・アート・コミュニケーションの単位を履修しつつ、サンパロ・ビオダンサスクールを2005年に卒業。

☆2012年にダイダティック・ティーチャー資格、2016年に子どもと思春期のためのビオダンサ資格を取得。

☆成人向け定期クラスのほか、女性グループ、企業や団体の市民講座、助産院での講座、NGO向けワークショップ、幼稚園児、高校生、大学生を対象とした講座などを展開してきた。年に数回、多文化ワークショップの社会活動を行なっている。

☆ビオダンサスクール東京-神奈川 Director。プロジェクト21 スタッフ ポルトガル語通訳。

日本ソマティック心理学協会会員 http://somaticjapan.org/  https://www.somaticworld.org/

ソマティック・プラクティショナー・ネットワーク(SPN)世話人 http://somaticjapan.org/caretakers
ソマティック心理学びの会世話人 http://somaticjapan.org/event/kuboevent3

~最近の活動~ (定例クラス以外の活動を紹介します)
🔶2019年2月:東海大学Beijo-Me-Liga 御殿場冬キャンプにてワークショップ
🔶2019年6月:早稲田大学・学部授業「身体理解の諸相」で、BMC(ボディ・マインド・センタリング)とビオダンサのコラボレーション
🔶2019年7月:UNESCO Youth Seminar(テーマ「コスモポリタン(世界人)とは?」)にてワークショップ
🔶2019年7月:YWCA主催・支援者エンパワメントプログラムにてワークショップ
🔶2019年8月:開発教育協会・全国研究集会(d-lab)第4分科会「南米発祥 "ビオダンサ” ~自分と繋がり、他者と繋がり、世界と繋がる」
🔶2019年8月:東海大学Beijo-Me-Liga マルチ・カルチャー夏キャンプにてワークショップ

🔶2019年10月:ソマティック・フェスタ ビオダンサ・ワークショップ「動きだす身体、響きあういのち」
🔶2021年3月:上智大学プロフェッショナルスタディーズ「身体知の実践~ソマティックな人間観に依拠して」<コミュニケーションとしてのビオダンサ>