What's Biodanza?

ビオダンサ(Biodanza)とは、スペイン語で"生命のダンス"を意味します。

 

南米チリの医療人類学者のロランド・トーロ・アラネーダは、「人が幸せに生きるためには何が必要か?」と問い続けて、このシステムを創り出しました。現在、世界中の38ヶ国以上で楽しまれています。

 

ビオダンサは、“いま、ここ” に生きている、という鮮明でしっかりとした感覚を体験すること(ヴィヴェンシア)を通じて、心身両面から私たちの潜在能力にアプローチしていきます。

音楽

ビオダンサでは、世界中の様々なジャンルの音楽を使っています。
ジャズ、ロック、ラテン音楽、クラシック、ミュージカルや映画音楽・・・。

 

このさまざまな音楽に導かれて、心と身体が動き出していくことから始めていきます。


動き(ダンス)

ビオダンサでは、ダンスは人に見せるためのパフォーマンスではありません。

振付け、美しさや完成度、特別な運動能力も必要ありません。
大切なのは「感じたことが動きとなって表れる」ことです。

 

さまざまな音楽にあわせて、身体を動かすとき、心も自然と動き出していきます。

言葉を用いる代わりに、動き(ダンス)を通した表現とコミュニケーションの可能性を開いていきます。


グループ

言葉を使わないコミュニケーションは、さまざまな発見をもたらしてくれます。

他の人たちの動き、エネルギー、心の移り変わりが刺激となって、自分の中にも新しい動きが生み出されていきます。

 

そしてみんなで作り出した大きなうねりがグループの中で動き始め、さらなる体験へといざなってくれます。

グループは、人や環境とのかかわりをより豊かで調和のとれた方向へと導いていきます。


ビオダンサのメカニズム

3つの要素と5つのライン

 

 

 

ビオダンサのセッションでは、音楽、身体の動き、グループという「3つの要素」を用いて、私たちの潜在力である「5つのヴィヴェンシアのライン」に働きかけます。

 

Vivencia (ヴィヴェンシア)

音楽と動きによってひきおこされる、「いま、ここで生きている」という体験。 これをヴィヴェンシアと呼んでいます。

 

 

5つのヴィヴェンシアのライン

私たちの生まれながらに持っている可能性を引き出すための5つのライン。

 

Vitality (バイタリティ、活力)

情熱、元気、内側から湧き上がる力。

生命のエネルギーに繋がる。

 

Sexuality(セクシャリティ、性)

自分の中にある男性性・女性性を受け入れる。

心地よさを感じる能力を取り戻す。

 

Creativity(クリエイティビティ、創造性)

自分の欲しい人生を創造する。

自分自身を自由に表現する。

 

Affectivity(アフェクティビティ、情愛)

親密さ、優しさ、慈しみを感じ、人とお互いに受け入れあう。

 

Transcendence (トランセンデンス、超越性)

自然とのつながり、人類、宇宙、全ての生命との一体感を体験する。